歯を失ってしまった方へ

入れ歯、ブリッジとの違い

入れ歯、ブリッジとの違い

インプラントは、歯を支える骨と芯材で義歯を一体化させたものです。
自分での取り外しや装着はできません。
義歯を使うことではブリッジと同じですが、支えは周囲の歯ではなく骨です。

なぜインプラントが選ばれるのか

入れ歯やブリッジも歯科治療として認められ、高い実績を残してきた治療法です。
しかし、時代の変化で、より最新でよい人の体に負担がない技術ができるのは当たり前かもしれません。
何より、一度ご説明だけでも聞いていただけると、より良い判断を頂けると考えます。

入れ歯で多いお悩み
入れ歯で多いお悩み

当クリニックでも対応をしています。やはり、ずれる、外れやすい、痛い、臭いが気になるというのが多いお声です。
痛いとなると、使わない方も多いのは残念だと感じます。
訪問歯科を行っていて、入れ歯でも噛める方は健康状態も良好な方が多いです。噛めることが健康の基本といえると感じます。

ブリッジで多いお悩み
ブリッジで多いお悩み

経年劣化が大きく数年単位で再治療となる方もいます。
確かに歯科医の技術もあるかとは思います。しかし1本~数本の歯にかかる負担を、その両脇の歯、それも削って弱くしたものにかけるのは、少し無理があるような気がします。
最近では、インプラントを支えにブリッジを施す技術も開発されています。現在のブリッジ治療跡に不安な方はご相談ください。

所在地
岐阜県多治見市住吉町7丁目28-1
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~19:00 土日祝は18:00まで
休診日
木曜
pagetop