歯を失ってしまう前にできること

自分の歯であることの必要性

自分の歯であることの必要性

言うまでもなく、歯は失うと二度と生えてきません。大切なことはわかっていてもついつい失うようなことをしてしまう…。
噛むことは、歯の生えそろわない子どものころから人に備わっている本能ともいえます。この本能が刺激されることで、人は人でいられる部分があります。
80歳で20本は難しいかもしれませんが、歯をなくすことを予防する『予防治療』をもう一度見つめなおしてみませんか?

なぜ予防が大切なのか

やはり、歯を失くさないため、健康な毎日を送って頂きたいのです。

むし歯や歯周病が発生すると、歯の健康だけでなく、内臓や体全体、歯周病に至っては心臓病とも大きな関連があるとさえ、報告されています。

日々の生活でできる予防法

正しい歯磨き

正しい歯磨き

歯科衛生士が指導する歯磨きの方法は、歯間ブラシやフロスなども使います。ご自身ができる最高の清潔さを保ってみてください。

プロに任せる

定期検診での歯石の除去は、もう定番中の定番かもしれません。

歯周病や予防についてのよくある質問や相談

歯周病や予防についてのよくある質問や相談
Q

治療が怖くて行けません

A
お気持ちはよくわかります。怖い気持ちは隠せないものです。痛みへのご不安もある事と思います。
当クリニックでは、痛みを感じさせない治療を実施しています。軽い表皮麻酔で歯茎から落ちつかせていきます。
Q

他院で、定期検診のたびに歯磨きに問題があると言われます。

A
お口の中の形によって、また手の動きの癖でうまく磨けない方もいらっしゃいます。これは一つの例ですが、新聞などを読みながら、テレビを見ながら歯ブラシをおもちゃか爪楊枝のように口の中で動かす方法です。
なるべく小さなヘッド(歯ブラシの先)を選びます。
小さなお子さんが歯磨きに慣れるためにお勧めする方法ですが、長時間歯ブラシを口に入れると、マッサージ効果もあり血行が良くなることもあります。
Q

歯周病が他の病気の元になっていると聞きました。

A
最近では心臓病と大きな関連があると言われています。
歯周病菌と言いますが、かなりの猛毒を出す菌で、歯周(歯のまわり)で繁殖しているので歯周病菌と呼んでいます。
体のあらゆるところで生きられる菌です。血管から体中をめぐるとも言われています。何にせよ、身近なところから除菌する意味でも、歯周病の治療で根本的に除去することをお勧めしています。
所在地
岐阜県多治見市住吉町7丁目28-1
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~19:00 土日祝は18:00まで
休診日
木曜
pagetop